葉酸サプリは妊活準備妊活術の第一歩

葉酸サプリランキング,妊活準備,妊活術,ベビ待ち,葉酸サプリ,ママ

妊活準備中や妊娠超初期について皆さん考えていることは葉酸の摂取です。
厚生省でも1日400μgの摂取を推薦するようになりました。
でも、葉酸サプリって今たくさん増えてきました。
薬局やドラッグストアよりも通販の方がいいものが多いです。

 

当サイトでオススメしている葉酸サプリはこちらです

ベルタ葉酸サプリ
迷ったらこれ

まさに全部入りという感じで葉酸、鉄分、カルシウム類もきっちり入っており、更に美容成分が女性にうれしい。
赤ちゃんのためにと言いつつも、目に見えない効果に義務的になりがちな葉酸摂取に楽しみが増えて飲むのが苦にならないのが嬉しい。

 

大きさもつわり時に飲みやすい小粒使用。

<ここが気になる>

返品保証がない
お得な定期便でも1瓶(1か月分)3,980円で6か月継続(合計23,880円)が必須で途中解約は不可
しっかり妊娠初期から飲み始めるならこれ一つで全部カバーできるのでオススメです。

ララリパブリック
良心的価格ではじめやすい

・葉酸は厚生労働省推薦のモノグルタミン酸型葉酸400μg配合

モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)なのかポリグルタミン酸型(天然葉酸)なのかはっきりしている

どっちかよくわからない葉酸サプリもけっこうある(天然成分と表記したいためか)のですが、これははっきり合成葉酸となっていますので安心です。
・鉄がやや少なめですが、これは過剰摂取を防ぐための気遣い
・ボトルがおしゃれでかわいい♪ところがなんとなくインテリアにもマッチしていい感じ。
・価格も買いやすい価格で、ベルタが高いと思ったらこちらがオススメです。
・お得な定期便購入でも(2,980円)何と1回でも解約OKなのが嬉しい。お試し1回でもOKなので、単品購入(3,980円)は要らないですね

<ここが気になる>

鉄分7〜8mgと少なめ(と言っても食事からの鉄分を含めてこの量)なので、
多く取りたい方は食事からの鉄分の摂取を心がけましょう
過剰摂取にならないように気をつけなくていいという見方もできるんですけどね

ママニック葉酸サプリ
返金保証がある

葉酸サプリに返金保証は初めてみます。
それだけ自信があるってことですね。

 

<ここが気になる>

お得な定期購入(3,780円)は6か月縛りがあります。


美的ヌーボ
オススメポイント

葉酸はもちろん鉄分、ビタミンB12・E・C、亜鉛、DHA、EPAなどなどこれでもかと言わんばかりの栄養成分がたっぷり。
しかも、完全に天然成分で作られている贅沢な一品。

<ここが気になる>
価格が高い、まさにハイクラス

お得な定期コースでも6,912円(6か月縛りあり) 総額にすると41,472円!
それだけいいものを贅沢に作られているので、余裕のある方にはいいものだと思います。

粒が大きい

アメリカ仕様なためか、他のサプリに比較して2〜3mmほど大きめなので
飲みにくい方は、割ったり砕いたりして飲むことをオススメします。


 

はぐくみ葉酸
オススメポイント

価格が安くて、返金保証もあり
定期コース初回1,980円、2回目以降3,980円 6回合計21,880円
ベルタの6回と比較すると、2,000円安い(あとで気になるポイントに書いてます)

定期コースはいつでも解約可能

これは嬉しいですね、縛りが無いのは本当に良心r的だと思います

<ここが気になる>

・鉄分1.0mgやカルシウム32mgは他社に比べて少なめ、余計なものは入っていないということ
・葉酸は天然レモンから搾ったという天然葉酸、厚生労働省は吸収のいい合成葉酸を推奨となっている
・初回は安いがベルタの方が圧倒的に栄養成分が多く入っているので、2,000円割安は帳消しになるのでは


 

新商品 Pole Pole

ポレポレ
葉酸+オメガ3で余計な成分は入っていない。
しっかりモノグルタミン(合成葉酸)と表記している。

 

一見体に良さそうな天然葉酸は厚生労働省が推奨するものとは違いますがそれを押しているサプリもあります。
理由はわかりませんが、吸収の良くない天然葉酸を使用している理由を明記してほしいですね。

 

一見よさそうないろんな成分を混ぜて付加価値を付けるサプリメントも多いですが、その分価格も高くなったりします。
こちらは、葉酸+オメガ3に着目した商品

 

お得な定期購入は3,980円(6か月縛りあり)

 

単品購入だと13,960円

<ここが気になる>

やはり単品購入とて定期購入との価格差が
お試しサンプルみたいのが欲しいですね

 

 


葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。それは摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けることが出来るという報告があるのです。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントを活用するのも賢い方法だと言えます。
妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリで摂ることが望ましいです。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。
多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。
胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても欠かせない栄養素なんですよね。
こうした点から、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を造る力を強めるという働きがあります。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠確率が上がるのです。
タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。造血作用で血液が増えることで、酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。
妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。
実際に厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。
葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿、汗と共に体外に排出され、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。
ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。
葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、規定量を必ず確認しましょう。
不妊が続く状態を打破するために、普段の食生活の見直しも一つの手かもしれません。
精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、食生活が劣悪だと卵子や精子の活発さは、望めません。

妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。
偏らない、健全な食生活を大事にしていくといいでしょう。
不妊の要因になるものといえば、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側要因と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性の方の要因が考えられるでしょう。しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男女ともに検査を受けることが必要です。不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。周囲の励ましや期待などが負担となったり、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療中のストレスとなるパターンもあって、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。むかし流産しています。その時は自分を責めて苦しかったのですが、だいたい一年位たってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、そこから妊活を始めました。妊娠に適した体になるように、冷え性を改善するために苦手だった運動を始めました。その結果、新陳代謝が良くなったためか、基礎体温が高くなったので、冷え性が改善したんです。不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす例が多いのが実情です。私は40歳以上の人こそ支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。今年で40歳になる私ですが、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、落ち込むことが多くなりました。なかなか妊娠できないという人は、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。基礎体温表をつけていくとその変化で、女性の体の状態がある程度推測でき、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。普通の体温と違って基礎体温は、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意点もあるので、習慣的に続けていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。